HOME > 機器・設備一覧 > その他イメージングシステム

その他イメージングシステム

その他イメージングシステム

発光・蛍光 in vivo イメージングシステム

化学発光や近赤外蛍光を用いた小動物レベルでの非浸襲的な光イメージングが可能です。感染症や腫瘍など、種々の疾患のプロセスおよび治療処置に対する反応が容易に可視化され、とくに創薬研究においては必要不可欠な装置です。

図

発光・蛍光 in vivo イメージングシステム
(IVIS®Spectrum、Xenogen社製)

飛行時間型質量分析イメージング装置

組織切片上の生体分子や代謝物をサンプルの抽出・標識無しで直接測定し、その位置情報と検出したイオンの信号強度生体分子の二次元分布を表示します。組織切片中の化合物の質量の分布を確認でき、タンパク質、生体代謝物、薬物動態の可視化も可能です。

図

飛行時間型質量分析イメージング装置
左:(AXIMA®Performance、島津製作所社製) 右:(CHIP-1000、島津製作所社製)

小動物用SPECT/CTシステム

SPECTとCTが一つのモダリティに組み合わされているため、SPECT撮像とCTの撮像をスムーズに行うことができ、解析が容易です。エネルギー分解能の高いCZTを用いることで異なる核種を同時に使用する多核種同時収集ができます。

図

小動物用SPECT/CTシステム
(FX3000 プレクリニカルイメージングシステム、Gamma Medica-Ideas社製)

管理部署:自然生命科学研究支援センター光・放射線情報解析部門鹿田施設
担当:長田直之助教 osada_n◎okayama-u.ac.jp 086-235-7497(内線7497)
    ※ 迷惑メール防止のため@を◎に替えています。

ページの先頭に戻る