HOME > 利用案内 > 機器利用の流れ/利用形態

機器利用の流れ/利用形態

利用形態

利用形態(1) : 産学官共同研究

●共同研究契約・受託研究契約等に基づいた産学官共同研究で利用できます。複数の学術研究機関による利用も可能です。

利用形態(2) : 学の単独研究

●学術研究機関所属の研究者による単独利用が可能です。

利用形態(3) : 産の単独研究

●企業等に所属する研究者による成果非公開、成果専有での利用が可能です。

産学官連携センターでは、施設利用・動物実験や組換えDNA実験を行うにあたり、必要な手続きをワンストップサービスの相談窓口としてサポートいたします。まずはお気軽にご相談ください。

ページの先頭に戻る